オゾン腸注療法

Woman hands making a heart shape on her stomach, healthy bowel degestion, probiotics for gut health

オゾン療法には、日本で知られていますオゾン療法という自家血療法の他に、様々な投与の方法があります。

その中のひとつに、オゾン注腸というものがあります。10-40μg/mLの高濃度の「オゾン/酸素混合ガス」100-300mLくらいを患者の直腸内に注入します。ご存知の浣腸と同じような方法です。ただ、液体ではなく気体を注入するところが違います。この方法は、患者さまで、静脈路(血管)が確保できない場合、また、ご老人やお子様にオゾン療法を希望される場合におこなっております。

オゾンガスを肛門から注入することで、オゾン療法と同様の効果を引き出すものです。効果はオゾン療法と同じで、潰瘍性大腸炎などにも有効です。

オゾン注腸は、オゾン療法とちがって、直接、血液に作用するわけではないので、施術の回数を10回、20回と回数をかさねることが必要となります。当日は、なるべく排便をすませてきていただき、ガスを注入後は30分ほど、おならを我慢していただきます。

施術の時間は、来院して問診票の記載のあと、浣腸するだけなので、痛みもなく、時間も5分ぐらいですみます。

適応症例については、当院にお問い合わせください。